ヤマハU1 NIPPON GAKKI

このu1は、グローミュージックの商品になります。
先ずは、解体して塗装をする予定です。それでは、ピアノ解体ショーをご覧下さい。

   
 アクション・鍵盤外してます。
    
  サビガ出てますね。                            蝶番も外して磨きます。

  
底板外し。             スクリューも錆びてます。     底板外れました。       ペダル窓フェルトへたってます。

   
棚板を外すのに一回立てました。           また、倒して腕木を外します。
       

     
腕木
        
妻土台の塗装落しです。剥離剤を使ったりサンダーを使ったり、大変です。まー、一杯飲まんね!!

     
               
              監視の目                鍵盤蓋です。

                 
  毎日塗装剥がしです。それはそれは時間のかかる、根気のいる仕事です。猫の手も借りたいです。

剥離剤を使って本体の上塗り剥がし  あ〜めんどくさい!!   サーフェーサー(下塗り)  ようやく下地が見えました。
     
サンダーで最後の削り             ようやく裸になりました。

         
 弦を外します。外した巻き線は業者送りで同じものを作製。            芯線も外れました。

                
チューニングピンも交換しますのでぜ〜んぶ外します。            フレームネジは図面を書いて挿します。

            
   フレーム落としは慎重に!!      鋳鉄で出来た頑丈な重たい部品です。 これが響板全体です。

     
フレームです。       ピンブロック(ブッシュ)を外します。            完了!!

     
響板割れ発見、補修をします。    スプルースで埋め木。            面位置にカンナ掛け。

           
 アセトンでニス剥がし。マスクしないと今晩の焼酎が美味くないよ!!       

 
 響板塗装です。塗っては削り、塗っては削り仕上げます。    フレームも塗装されました。純金ではないよ〜!!

          
    フレームを本体に取り付け。     チェーンブロックが活躍です。乗っかりました。

   
ビスを閉めていきます。これは人力です。            新品ピンブロック。   ピンブロック埋め込みです。

 
    完了。             角度に気をつけて穴あけ作業。             新品チューニングピン。

   
飛行場の整備士じゃないよ、ピアノ屋の職人だ〜い!!チューニングピンを打ち込み弦を張ります。
                          ストーブでノンビリ

張弦頑張ってまーす。しかし今日は雪・・・めったに降らないのだがこんな感じ。   寒いけど仕事しなきゃ(〜〜);
                          
      
   巻き線終了。               共鳴音を止める為のフェルトです。
    プレッシャバー取り付け。

     
  寸法通り取り付きました。      マスキングします。         シーラー塗付。

    
新品のガンが到着。早速塗っていきます。   全体にホワイトにします。

 
 塗装室でパーツを塗ります。 バラバラの部品がどんどん仕上がっていきます。
     
    
椅子の足塗装剥し。        薄紫の綺麗な色なんですが、白っぽく写りますね。

         
  椅子も塗り替えます。          組み立て。                ポリッシャーで磨き上げ。
  
         
 いい色でしょう!!                  ?       見えない所ですが底板も白に。 
       
久しぶりに起ちました。          綺麗ですね。                      棚板つきました。

        
 調律開始。                ヤマハロゴ付けました。      蝶板も新品に替えました。

                     
            こんな感じ。                  椅子も作り直しました。ワンポイント入り。

          
    世界でただ一つのピアノに生まれ変わりました。大切に使ってくださいね。

         
   こんな素敵な手紙を頂きました。随分時間が掛かったので待ち遠しかったことでしょう。
   世界にたった一つだけの幸子ちゃんのピアノです。いつまでも大切に弾いてあげて下さい。
                    
                   

サブコンテンツ

このページの先頭へ