小林市K様アトラスピアノクリーニング

佐賀県唐津市のご実家に置いてあったアトラスピアノNA300Dです。

チッペンデールでワインカラーのお洒落なピアノですが外装は白く霞んでますね。

虫食いが酷いのでフェルト類を交換したほうが良いですね。

暫く時間が掛かりますが作業をお楽しみくださいね!!

チッペンデール(猫脚)でワインカラーのお洒落な外観は汚れ・カビで白く濁っています。

  チッペンデール。       ATLASのロゴとペダルは真鍮製で酸化し艶が無くなっています。

パネル・鍵盤蓋外しました。  調律は平成4年が最後です。    天板フェルトに虫食いが酷いです。

汚れの付いたハンマー。      アクションを外します。  ダンパーヘッドも汚れてますね。

     ダンパーフェルトに穴が開いています。            ウイッペンヒールクロスも!!

        鍵盤を外して箱に保管します。            26年分の埃。

虫食いで変形のバランスクロス。フロントクロスに赤い虫食いカス。   白くなってる部分が虫食いです。

  「調律絵」の画像検索結果

チューニングピンも艶なし錆有り。  錆の出た芯線。       羊と鋼の森 : 作品情報 – 映画.com

 

     ピアノを倒して底板を外し、ペダルパーツをバラします。  ペダル受けクロスがボロボロです。

 

ペダルを一本ずつ機械で磨くと、違いが判りますね。  3本磨いて錆止めクリアー塗布でペダル終了。

 

天板フェルトが虫食いで酷いので剥がします。接着を剥がすのにアイロン掛けたり結構手間が掛かりました。

 

   ペダル窓クロスもボロボロなので全部剥がして、新品クロスに貼り替えました。

ポリッシャーで外装を磨いたら、こんなに輝くようになりました。    サンドラバーで巻き線磨き。

使用前・使用後よく判ります。     チューニングピンを専用機械で磨いたらピッカピカになりました。

  

ピアノを起こしました。                湯煎に掛けフロントとバランスブッシングクロスを剥がします。

  

 剥がしたクロス。       全部剥がしました。            ブッシングクロス貼開始。

 

治具にて圧着接着。      カットして出来上がり。       フロントもクロスを圧着接着。

余分なクロスカットで終了。    ダンパーレバーを外します。   ウイッペンを外します。

ウイッペンヒールクロスを湯煎に掛け剥がします。            接着剤を塗布。

  「作業絵」の画像検索結果

新品クロスを貼り付けます。                     こんな感じ!!

ダンパーは赤いアンダークロスから剥がします。            アンダークロス貼。

     「作業絵」の画像検索結果

  ダンパーは一個ずつカットして寸法を合わせ貼り合わせます。

ハンマーファイリング(整形)です。弦溝を取り形を整えて綺麗なハンマーになりました。

フロントピンの汚れ(錆?)が頑固で磨くのに苦労しましたが、何とかピカピカになりました。

バランスピンも同じく頑固で苦労しましたが綺麗になりました。       掃除~!!

キーバックレールクロス、バランス・フロントパンチングクロス交換。   ウイッペン取り付け。

ダンパーレバー取付。                              アクション取り付け後、鍵盤調整でセット終了。

 

整調作業は、鍵盤ロストモーション。     鍵盤高さは、バランス部のペーパーの出し入れで調整。

天板フェルトを貼り直します。  赤にしてみました。          上前板磨き。

凄く綺麗になりましたね!!

         

レットオフ調整。          調律師の映画6月8日封切    出荷前調律。

    Atlasが光ってます!!

         外観もとても綺麗です。

                  

         一生懸命仕上げました。とても素敵なピアノになりました。

         いっぱい練習して楽しく弾いてくださいね。いつまでも大切に!!

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ