広原町T様オルガン修理

ヤマハの7連ストッパー付きオルガンです。今では貴重な楽器になりました。音が出ない個所が多数あり、外装も剥がれたりで色々やり直すことになりました。珍しいオルガンの修理をお楽しみください!!

 

  懐かしいですね。         外装は化粧板が剥がれていますね。  下地から剥がれています。

      裏側のパネルから外していきます。             マジックでいたずら書き有り。

  

  読めません(~~);      前・後ろのカバー外しました。   鍵盤押さえのビスが錆びてます。

     なかなか外れないので高橋君と協議中。   結局ビス頭を潰して鍵盤押さえを抜きました。

ビス穴も広がりました。       鍵盤を外します。         埃とゴキフンが凄いですね。

  

2重風蓋構造です。          中にゴキフンがあるので掃除機で吸わせます。

 「作業絵」の画像検索結果

  鍵盤を磨きます。         綺麗になりました。

ペダルが上手く動きません。   小袋の空気弁が固着して動かないのでヘラで固着を解消しました。

調律はリードを抜いて、リード弁の先端(高くする)根元(低くする)を削り調整。5オクターブ違いのリード。

後ろ側は鍵盤前側より一オクターブ高くなっています。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ