高城町N様U1D

nippon gakki製造ヤマハu1d昭和39年製。43歳です。
この当時のピアノは、材料が良いですね。がっちりとしています。
しかし、年齢にはかないません。塗装その他修理が必要。さてさて、どんな風に変身するか、ご期待下さい。

   

   
早速解体に入ります。       


鍵盤の下です。埃・虫食われ・チリ。ピンの錆。            先ずは、お掃除で〜す。

     
   巻き線を外し、業者送りに。       カビ・艶のない鍵盤蓋。塗装をやり直します。

ハンマーも交換します。                                    白鍵も貼替えます。

   
虫食いor消耗したフェルト             ピアノを倒して底板を外します。     錆びたビス。交換します。

    
                                             腕木を外します。


フレームのビス外し。                      このようにビス位置を確認します。

                     フレームを落とします。

      
響版塗装落とし。ギトギトになった塗料をアセトンを塗って落とします。       そしてサンダー掛け。

               
     綺麗になった響版              塗装・削るを繰り返し仕上げていきます。    
    
フレーム塗装終わりました。          ヤマハのマークも光っているでしょう。

        
外装塗装落とし                                 やっと剥がし終えました。

       
色付け開始。              下地に着色していきます。


ペダルアッセンブリー         ひぇ〜虫食いだー。

フレームを乗せます。            減圧チェック後ビス止め。      ピンブッシュの打ち込みです。

  
ブッシュ穴あけ         0.2m大きなシルバーメッキピンを打ち込み。イヤーマフをしないと耳が馬鹿になります。

     
芯線終わり。フー!!                 新品巻き線着てます。     張弦の道具
                    
 
巻き線開始。               ふー、もう少し。         終わったぜ!!


                     本日は、塗装師あけみさん。渋い色を出してるね!!   パーツに色付け。

               
    蝶番錆落し                ニャンコ肉球        白鍵を剥がしました。

              
   ペダルが大変身します。       如何ですか?            錆止め入りクリヤー塗布 

    
 蝶番磨き          錆止め入りクリヤー塗布       小物塗装            ペダル取り付きました。

          
    本体腕木・脚取り付きました。                                底板取り付きました。

      
 久しぶりの起・立                   棚板も付きました。いい色(^^)v
 
                      バランスキーピン磨き前と磨き後                 フロントキーピン

棚板も付いていよいよ鍵盤・アクションと進んでいきます。        白鍵貼替え

    
一本ずつ調整しながら本体へ                       鍵盤終了!!
  
アクションに入ります。ハンマー・ダンパー外します。            ホコリ・ホコリ・ホコリ

  
ブライドルテープ全交換                           ダンパーフェルト全交換

          
                        このように一個ずつカットして貼って取り付けます。

  
ハンマー交換です。                      赤アンダー入りハンマー


アクション調整・調律・整音を繰り返し行い、ベストな状態を創って生きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ