U30A簑原M様クリーニング

お家のリフォームのついでにピアノもクリーニングいたします。

調律も随分とご無沙汰ですね。外装・内装綺麗に仕上げますね!!

 

ヤマハU30Aは高さ131cmの大型タイプ。H16年が最後の調律。    コーナーに埃が積もってます。

天板は白っぽくカビになってます。    くすんだペダル。      パネルを外します。

アクションを外し、鍵盤も外して箱に保管します。         少々虫食い跡。

  バランス部は問題ありません。  これはゴキフン!!          錆。

チューニングピンです。             ピアノを倒します。

底板を外しました。         錆びたビス。        ペダルパーツを外します。  

   バラバラになりました。   機械でペダルを磨くと、別物のペダルみたいになりました。       

錆止めクリアー塗布。        棚受け柱を支え棒を入れ込み外しました。

サンドラバーと言う石の塊でゴシゴシと錆落とし。  芯線も巻き線も綺麗になりましたね。

   「作業絵」の画像検索結果

   機械でチューニングピンを磨きました。           バッチリだぜ!!

角の隅っこに埃が溜まってるので、ここは爪楊枝で埃とりの磨きで綺麗になりました。

  

 外装は、手で磨いたり・ポリッシャーで磨いたり。       鏡みたいになりました!!

ペダルカバーを被せパーツを組み立て、新品ビスで底板取り付け。   ピアノを立てました。

     フロントキーピンに錆落とし剤を塗布し、一本ずつ丁寧に磨きました。

    同じくバランスキーピンに錆落とし剤を塗布し、機械で仕上げました。

サンドペーパーでハンマーを削り形を整えます。                                      アクションを取り付けました。

  

 鍵盤高さはナラシ定規を使いペーパーの出し入れで調整。       レットオフ(接近)調整。

 

ダンパー始動調整はタッチの重さに関係。   出荷前調律。    上前板をポリッシャーで磨きます。

  

まるで鏡になりました。      YAMAHAのロゴも綺麗ですね。   作業終了です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ