「2016年6月」の記事一覧

フォイリッヒピアノ

ホイリッヒフォイリッヒと呼びます。1851年、ドイツ・ライプツィヒ市にてピアノ製造会社FEURICHを創業だそうです。なかなか歴史のある会社ですね。第二製造ラインは、やはり中国。スタインウエイのエセックスも中国。ヤマハの小さいタイプも中国。ベヒシュタインも中国。品質の悪さで有名だった中国ピアノ。最近は良いものは良いで中国産を認めないといけないですね!!  朝日ピアノより http://www.asahipiano.co.jp/products/

中古ピアノはどこへ行く?

買い取られた中古ピアノはどこへ行くかご存知ですか?日本国内流通3%、何と97%は海外へ、その中でも中国への輸出量が群を抜いています。日本製ピアノの流失、勿体無いですね。日本の最高の作りのピアノがどんどん国内から無くなっています。その反動というか国内の中古ピアノの値上がりは凄いですね。ピアノの耐用年数は100年とも言われてます。いやそれ以上です、実際にスタインウエイなどは100年前の中古が流通しています。30年・40年前のピアノはまだ子供ですね、まだまだ使えます。できる事なら手放さず持っておきたいものです。高校受験なのでレッスンを辞めるという15歳の子供。15年経つと30歳のお母さんでその子供がピアノを習うかもしれません。大事に持っていたピアノ、使えるのですよ。売ってしまっていたら、何十万も出して又買いなおさなければいけません。大切にしましょうね!!

漱石は翌明治42年(1909)筆子のためにピアノ購入

面白い記事を見つけたので転載します。内容は、漱石が娘のピアノ教師化から難癖をつけられたという話なのですが、興味深いのは明治41年からピアノを習い始めさせ翌年の明治42年には自宅にピアノを買った。しかも日本楽器製造株式会社製で価400 円。ヤマハの年表を見ると1900年ピアノ製造開始ですから初期も初期ですね。支払いは小説『三四郎』の単行本、初版2000部の印税がこのピアノの購入費用に充てられたそうです。金持ち~!!

詳しくはこちらを夏目漱石、子供のピアノ教師から難癖をつけられ困惑する。

MIKIピアノ

mikiMIKIと言うピアノメーカーをご存知ですか?ヤマハのOEMブランドで当時は他にカイザー・エテルナがありました。アクションのハンマーレールにはYAMAHAと書いてあります。因みにカワイは、ディアパソン・メルヘンブランドがありました。MIKIピアノ

 

ニューアイボリー鍵盤ピアノの貼替

DSCF7566天然象牙鍵盤は古くなると手の汗を吸い黄色く変色することがあります。その場合の処置として漂白を行い黄ばみを取ることができますが、この人工象牙として作られたニューアイボリーは回復できません。天然素材であるガゼインを採用したのが原因らしいです。削って研磨してもまた同じ現象が起こるので貼り替えることになりました。久留米I様C5A白鍵貼替

VICTOR ZEN-ONピアノって知ってますか?

DSCF7519

二つの会社名の入ったVICTOR ZEN-ONピアノVZ-20です。

元々VICTORとZEN-ONがそれぞれのブランドで発売していましたがこれは珍しいですね。オーバーホールします。宮崎市N様オーバーホール

雨の日曜日ピアノ工房風景

IMG_0994雨が降ってる日曜日のグローミュージックピアノ工房。解体してるピアノ4台同時進行で本日も高橋・樺ちゃん作業中。何故か原付高橋号が工房の中に。そう言えば山ちゃんのバイクが見当たりませんね。そうです、ピアノの修理が多すぎて追い出されたのでした。昨日フルコンを出荷、多少工房に余裕が出てきたのでXJR1200持ってこようかな~(^^)V

フジコ・ヘミング ピアノを続ける 原動力とは?

「自分のピアノに満足したことがないから」・・・凄い深い言葉ですね。一度生で聞いたことありますが、ラ・カンパネラ素敵でしたね。フジコさんの愛用ピアノはベヒシュタイン。日本での会見の際準備されてた日本のピアノが嫌だからと急きょベヒシュタインを準備してもらったとか。昔の話ですが、現在もバリバリご活躍されてますね!!  以下NHKよりピアノを続ける 原動力とは?

東大生の半数以上! 初めての習い事は「ピアノ」がおすすめな理由

(C)PIA Corporation.脳科学者澤口 俊之先生も言ってますが、ピアノって凄いですね。今回のこの記事は、ピアノを習うと頭が良くなると断言してる訳ではないですが、「賢い子」に育てる究極のコツ』なのかもしれません。文中で、「楽器を演奏することで、言語の領域にも良い効果をもたらすことが考えられるのです。なかでも、3、4歳など言葉を覚えるころに一緒に音楽を始めることで、より刺激を与えることができるのです。」やはり言葉と音楽って密接な関係があるのですね。以下ネタりかより・・東大生の半数以上! 初めての習い事は「ピアノ」がおすすめな理由

ここまでやるのピアノクリーニング

DSCF7488グローミュージックのピアノクリーニングは、ここまでやるのって言う位徹底的に作業します。底板を外すのは当然として、ハンマーファイリング(整形)、鍵盤高さ・深さ調整・レットオフ・ダンパー始動等々調律師集団だからできるタッチと音色に関する調律業務までクリーニングの作業として行っています。ピアノが綺麗になってタッチも良くなり音も蘇る、とってもお得ですよね。九州管内どこでも出張クリーニング・引き取りクリーニング、調律もお伺いしています。大分県佐伯市T様US-5Xクリーニング

サブコンテンツ

このページの先頭へ