「2017年9月」の記事一覧

ピアノ修理ハンマー弦合わせ

DIAPASON  D-171

ハンマーが3本の弦にしっかり当たるように弦を一本ずつチェック。弦の水平とハンマー当たりで弦を引き上げたりハンマーを削ったりして調整します。

ピアノ修理 キャプスタンボタン磨き

鍵盤の力をサポートに伝えるキャプスタンボタン。摩擦を軽減させるための大切な作業です。

ピアノ修理編 初めての音合わせ

張弦が終了し、初めての音合わせをします。チューナーの音を頼りにギューンギューンと弦を引っ張り上げます。普段の調律では味わえない音の変化に面白さが有りますね!!

 

 

Ohhashi DesignのDIAPASON

山葉寅楠(ヤマハ)河合小市(カワイ)と並んで日本のピアノ製造の歴史で中興の祖である大橋幡岩のディアパソン。フレームにOhhashi Designが刻印されている貴重なDIAPASON D-170E 1983年製です。

作業はこちらDIAPASON D-170 M様

サブコンテンツ

このページの先頭へ