ピアノ調律・ピアノ修理を豊富な経験と実績を活かしアップライトピアノ・グランドピアノの塗装・オーバーホール(福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,鹿児島,宮崎,都城)

ピアノ修理・ピアノ調律専門店
大切なピアノには定期調律を!
福岡、佐賀、熊本、
大分、長崎、鹿児島、宮崎まで対応。

ようこそ、ピアノ工房グローミュージックのホームページへ!

ピアノはとても息の長い楽器です。定期的な調律を行うことで何十年も演奏を楽しむことができます。

長年培ったピアノのノウハウと、美しい音作りに対するこだわりが、あなたの大切なピアノを守ります。ピアノ調律のことならグローミュージックにお任せください。

てんやわんやのグローミュージックです。グローミュージックは、宮崎県都城市の隣、三股町に在ります。

いろんな人がグローミュージックのホームページを閲覧してもらっています。福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島。そして関東圏、北海道の方も覗いて貰ってます。お問い合わせも多くなっています。

非常にレベルの高い中古ピアノが仕上がってます。ピアノ修理・ピアノ調律等、電話・メールで問い合わせください。お待ち申し上げます。

特に九州全域は無料で見積もりお伺い致しますので、お気軽にメールまたはお電話にてお問い合わせにてください。 本日も頑張りますぞ~!!

フリーダイヤル0120-930-727

お問い合わせの際は、ホームページをご覧になった旨お伝えください。

店休日 毎週月曜日

スタインウエイ・ボストン・ベヒシュタイン・ディアパソン・カワイ・ヤマハ取り扱い店

作業を公開しています覗いてね(^^)v本日の作業 

image153 image1116[1] image429
image30 image961 image91
image1482 image181 06-06-29_13-07

特別企画目白押し。⇒ピアノ展示ジャンジャンメール・TELしてね!!

ピアノ修理ハンマー弦合わせ

DIAPASON  D-171

ハンマーが3本の弦にしっかり当たるように弦を一本ずつチェック。弦の水平とハンマー当たりで弦を引き上げたりハンマーを削ったりして調整します。

ピアノ修理 キャプスタンボタン磨き

鍵盤の力をサポートに伝えるキャプスタンボタン。摩擦を軽減させるための大切な作業です。

ピアノ修理編 初めての音合わせ

張弦が終了し、初めての音合わせをします。チューナーの音を頼りにギューンギューンと弦を引っ張り上げます。普段の調律では味わえない音の変化に面白さが有りますね!!

 

 

Ohhashi DesignのDIAPASON

山葉寅楠(ヤマハ)河合小市(カワイ)と並んで日本のピアノ製造の歴史で中興の祖である大橋幡岩のディアパソン。フレームにOhhashi Designが刻印されている貴重なDIAPASON D-170E 1983年製です。

作業はこちらDIAPASON D-170 M様

ピアノの低音弦は特注です!!

ピアノ弦は中音・高音の番手の違う既製品があります。しかし低音弦は、外した巻き線を業者に送り同じものを制作してもらう特注製品になります。兵庫県U様U3H

 

坂口健太郎のピアノカッコいいぞ!!

かなりやりますね~!!カッコいいぞ坂口健太郎(^^)V

動画はこちらから、http://news.livedoor.com/article/detail/13474226/

ヤマハW102塗装終了

ヤマハW102塗装・修理完了いたしました~!!

後は納品を待つばかりです。作業内容はこちら宮崎市U様W102

『中居くん ピアノ弾き語り』

素晴らしいですね!!オケバックの手元アップは弾いてるらしい。ライブでは歌もいけてるし。カッコイイ!!もっとピアノ弾いて子供たちにアピールしてくれるとよいのだけど。ピアノは楽しいってね!!

 

ピアノを弾くときの感触も再現するグローブ

何だこりゃ~って感じですが、なかなか面白い。ピアノを弾いたときの感覚などを再現するVR用グローブらしいです。

ストッパー付き足踏みオルガン

オルガン自体が珍しくなってますが、脚踏みのストッパー付きオルガンです。

大正時代のヤマハ製。まあ、見てやってください!!大正の山葉オルガンM様

 

 

メディアで紹介されました♪

じゃがじゃがサタデー巨典の会いたい!  12歳のハローワーク/ピアノ調律師の仕事

ストリートピアノin都城

デザインされたピアノを街角に置き、皆さんに弾いてもらって街の活性化を図るストリートピアノ。

都城音楽祭へ寄贈で都城工業高校インテリア科がデザインし都城BTVケーブルテレビの前に設置。

協同組合オーバルパティオへ寄贈で姫城中学校美術部がデザインしオーバルパティオ内に設置。

この2台のピアノは(有)グローミュージックからの寄贈です。恥ずかしながら表彰状を戴きました。

⇒都城オーバルパティオでのお披露目式 ⇒都城BTVケーブルテレビのお披露目式

⇒ストリートピアノin都城関連動画

ピアノ調律は社団法人日本ピアノ調律師協会に合格された協会員が安心です。

ピアノ調律・ピアノ修理・ピアノ塗装等の写真満載。本日の作業でピアノ修理が見れます。
大正時代のピアノ ピアノのプロとして出来ない事は無いという信念でいろいろなピアノ修理やオーバーホール・またまたピアノ塗装まで行っています。一番古いのは、大正時代の73鍵のヤマハピアノ。全塗装し中央にデコパージュで絵を載せました。80数年経っていますが、実に美しく良い音を奏でます。
ピアノの寿命を良く聞かれますが、良いピアノには、寿命は無いと思っています。
30年・40年経ったピアノは、まだまだ使えます。ガンガン再生しています。親子三代・四代はあたり前。孫の孫の代まで使えるのがピアノです。極端に言えば外郭・フレームさえしっかりしていれば大丈夫です。
ハンマーを替えたり弦を替えたりフェルトを交換すればまだまだ使えます。
どうぞ、ゆっくり見てください。ピアノ工房グローミュージックのプロの仕事を!

ピアノ調律国家検定二級ピアノ調律技能士
スタインウエイ・ピアノ「スタインウエイ会」正会員
JPTA(社)日本ピアノ調律師協会会員
IAPBT国際ピアノ製造技師調律師協会会員
MPTA宮崎県ピアノ調律師協会会員
KORG消音ピアノユニット取付技術認定技術者
image4120 a029ani image11210
飛んでるぜ!!山ちゃんモーターパラグライダー動画    ジャスコにて展示会
 image895 image2253  image655
ホワイト&ヘリオトロープヤマハU1     黄色いピアノカワイK-35 ヤマハU1D
image1151 d164r_photos[1] image349
ウイーンの音         ディアパソン 大正のピアノ
image151 image94 image1361
image701 image445 image111
サブコンテンツ

このページの先頭へ