「クリーニング」タグの記事一覧

宮崎市K様U1Hクリーニング

長らく放っていたお母さんのピアノを息子さんの為に蘇らします。

YAMAHA U1H 高さ121cmの日本一出荷数の多い人気のピアノです。最終調律が昭和54年という事は、

39年間放置???いやいや、大丈夫ですご安心ください。グローミュージックの技術で蘇らします。新品のように仕上げますので暫く作業をお楽しみください。

     YAMAHA U1H    調律記録では54.5.20が最後です。  カビ?白っぽくなってます。

 

鍵盤蓋内側は傷だらけ。       ペダルは艶なし。       白鍵木口の変色です。

パネルを外します。       マフラーフェルトに虫の殻。     鍵盤押さえの虫食いカス。

アクションを外します。    数本のフレンジコード切れ。    ダンパーフェルト虫食い。

ハンマー弦溝が大きくなってます。  ウイッペンヒールクロス虫食い。  バットアンダーフェルト虫食い。

バランスとフロントのブッシングクロスが虫食いで無くなってます。      鍵盤外しました。

バランスパンチングクロスも虫食いで全滅。  ゴキ卵発見!!      チューニングピン錆。

 「困った顔絵」の画像検索結果

芯線の錆。      虫食い弦枕フェルトは弦交換しないと貼替無理。

ピアノ専用馬を使って一人で本体を倒しました。           底板外し。

 

釘の錆と天秤棒受けフェルトの虫食い。 大量の虫の殻と埃。       ペダルパーツ外しました。

機械でペダルを磨きます。     ピッカピカになりましたね!!     艶の無い前土台。

    「得意げな顔絵」の画像検索結果

  ポリッシャーで磨くと、鏡のように周りを映し出します。

  ペダル窓クロスも虫食いの為に剥がして新品クロスに貼り替えました。

弦交換になり棚板を外します。   巻き線は外して業者に送り、同じものを作成してもらいます。

    芯線は弦を緩め、カットして全部外します。         チューニングピンは機械で外します。

錆びたチューニングピン。        腕木は接着してあり少々乱暴に外します。

 フレームビスは、段ボールで作った簡易図面に外して刺します。   チェーンブロックでフレーム降ろし。

響板の全体が見えますね。       変色した塗料です。       こんなところにゴキ卵!!

アセトンで塗料を剥がします。   サイドは手掛け、センターはサンダーで仕上げます。

  「塗装作業絵」の画像検索結果  

        外装・駒にマスキングテープを貼り、響板を塗装します。

 

     白鍵木口はノミを使って剥がします。             接着剤を塗り木口貼。

ブルーの保護シートが貼ってあります。  鍵盤を湯煎に掛けフロントブッシングクロスを剥がします。

 

 

 

 

広原町T様オルガン修理

ヤマハの7連ストッパー付きオルガンです。今では貴重な楽器になりました。音が出ない個所が多数あり、外装も剥がれたりで色々やり直すことになりました。珍しいオルガンの修理をお楽しみください!!

 

  懐かしいですね。         外装は化粧板が剥がれていますね。  下地から剥がれています。

      裏側のパネルから外していきます。             マジックでいたずら書き有り。

  

  読めません(~~);      前・後ろのカバー外しました。   鍵盤押さえのビスが錆びてます。

     なかなか外れないので高橋君と協議中。   結局ビス頭を潰して鍵盤押さえを抜きました。

ビス穴も広がりました。       鍵盤を外します。         埃とゴキフンが凄いですね。

  

2重風蓋構造です。          中にゴキフンがあるので掃除機で吸わせます。

 「作業絵」の画像検索結果

  鍵盤を磨きます。         綺麗になりました。

ペダルが上手く動きません。   小袋の空気弁が固着して動かないのでヘラで固着を解消しました。

調律はリードを抜いて、リード弁の先端(高くする)根元(低くする)を削り調整。5オクターブ違いのリード。

後ろ側は鍵盤前側より一オクターブ高くなっています。

 

 

 

小林市K様アトラスピアノクリーニング

佐賀県唐津市のご実家に置いてあったアトラスピアノNA300Dです。

チッペンデールでワインカラーのお洒落なピアノですが外装は白く霞んでますね。

虫食いが酷いのでフェルト類を交換したほうが良いですね。

暫く時間が掛かりますが作業をお楽しみくださいね!!

チッペンデール(猫脚)でワインカラーのお洒落な外観は汚れ・カビで白く濁っています。

  チッペンデール。       ATLASのロゴとペダルは真鍮製で酸化し艶が無くなっています。

パネル・鍵盤蓋外しました。  調律は平成4年が最後です。    天板フェルトに虫食いが酷いです。

汚れの付いたハンマー。      アクションを外します。  ダンパーヘッドも汚れてますね。

     ダンパーフェルトに穴が開いています。            ウイッペンヒールクロスも!!

        鍵盤を外して箱に保管します。            26年分の埃。

虫食いで変形のバランスクロス。フロントクロスに赤い虫食いカス。   白くなってる部分が虫食いです。

  「調律絵」の画像検索結果

チューニングピンも艶なし錆有り。  錆の出た芯線。       羊と鋼の森 : 作品情報 – 映画.com

 

     ピアノを倒して底板を外し、ペダルパーツをバラします。  ペダル受けクロスがボロボロです。

 

ペダルを一本ずつ機械で磨くと、違いが判りますね。  3本磨いて錆止めクリアー塗布でペダル終了。

 

天板フェルトが虫食いで酷いので剥がします。接着を剥がすのにアイロン掛けたり結構手間が掛かりました。

 

   ペダル窓クロスもボロボロなので全部剥がして、新品クロスに貼り替えました。

ポリッシャーで外装を磨いたら、こんなに輝くようになりました。    サンドラバーで巻き線磨き。

使用前・使用後よく判ります。     チューニングピンを専用機械で磨いたらピッカピカになりました。

  

ピアノを起こしました。                湯煎に掛けフロントとバランスブッシングクロスを剥がします。

  

 剥がしたクロス。       全部剥がしました。            ブッシングクロス貼開始。

 

治具にて圧着接着。      カットして出来上がり。       フロントもクロスを圧着接着。

余分なクロスカットで終了。    ダンパーレバーを外します。   ウイッペンを外します。

ウイッペンヒールクロスを湯煎に掛け剥がします。            接着剤を塗布。

  「作業絵」の画像検索結果

新品クロスを貼り付けます。                     こんな感じ!!

ダンパーは赤いアンダークロスから剥がします。            アンダークロス貼。

     「作業絵」の画像検索結果

  ダンパーは一個ずつカットして寸法を合わせ貼り合わせます。

ハンマーファイリング(整形)です。弦溝を取り形を整えて綺麗なハンマーになりました。

フロントピンの汚れ(錆?)が頑固で磨くのに苦労しましたが、何とかピカピカになりました。

バランスピンも同じく頑固で苦労しましたが綺麗になりました。       掃除~!!

キーバックレールクロス、バランス・フロントパンチングクロス交換。   ウイッペン取り付け。

ダンパーレバー取付。                              アクション取り付け後、鍵盤調整でセット終了。

 

整調作業は、鍵盤ロストモーション。     鍵盤高さは、バランス部のペーパーの出し入れで調整。

天板フェルトを貼り直します。  赤にしてみました。          上前板磨き。

凄く綺麗になりましたね!!

         

レットオフ調整。          調律師の映画6月8日封切    出荷前調律。

    Atlasが光ってます!!

         外観もとても綺麗です。

                  

         一生懸命仕上げました。とても素敵なピアノになりました。

         いっぱい練習して楽しく弾いてくださいね。いつまでも大切に!!

 

 

 

 

長崎県B様U3Aピアノクリーニング

ご実家の倉庫に置いてあったYAMAHAのU3A 。

虫食い・フレンジコード切れ等有りますが一生懸命作業をして新品みたいに蘇らせますのでご安心ください。

変身していく作業工程をお楽しみください!!

 

YAMAHA U3A  高さ131cmの大型タイプです。        調律最終昭和60年

 

天板に大量のカビ。         蝶番には青錆発生。          ロゴネームも青錆。

鍵盤蓋は艶が無くなってます。   白鍵木口の黄ばみ変色。      ペダルも変色。

パネルを外しました。      鍵盤押さえクロスの虫食いカス。    見えにくいですが虫の殻。

何だろ~ね(~~)?  アクションを外し鍵盤を外し箱に保管。   バランスクロスの虫食い。

  「作業絵」の画像検索結果 

ブッシングクロスも虫食い。                ハンマーは使用頻度少なそうです。

フレンジコードが切れています。この当時の機種のヤマハの欠陥ですね。   芯線に錆です。

   ピアノを倒して底板を外しました。                ペダルパーツもばらします。

ペダル受けクロスの劣化と虫食い。   ペダルを機械で磨くとこんなに違いますね。

錆止めクリアー塗布で仕上げ。      チューニングピンを専用機械で磨きました。

   「作業絵」の画像検索結果  

サンドラバーで弦をゴシゴシ手磨きです。           ピッカピカですね!!

  「作業女性」の画像検索結果

ペダル窓クロスも酷いので新品に貼り替えました。

ポリッシャーで外装磨き。    鏡面仕上げ・・(^^)V      新品ビスで底板取り付け。

   フロント・バランスのブッシングクロスを湯煎に掛け剥がしました。  白鍵木口をノミで剥がします。

  剥がした木口。          保護シールの付いた木口を 接着剤を付け接着。

サイドカット。        シールを剥がして綺麗になりました。    バランスクロス圧着接着中。

   

余計なクロスをカットして終了。    フロントクロスも圧着接着・クロスカットで終了です。

ハンマーを外します。      フレンジにアセトンを注入して、コードをすべて剥がします。

  「作業者 絵」の画像検索結果

片側ずつフレンジコードを埋め込み、折り返して反対側を埋め込みます。

ハンマーヘッドの弦跡をサウンドペーパーで削り、形を整え修復します。  綺麗ですね!!

専用機械にてバランスピンを磨くと、ピッカピカになりました。     フロントピンは手磨きです。

こちらも綺麗になりましたね。    新品パンチぐクロスをフロント・バランスにセット。

  「作業絵」の画像検索結果  

一本ずつ鍵盤調整。                     鍵盤とハンマーのスキを無くします。

       

鍵盤高さ調整。      0.04mmの精度で高さが均一になるようにペーパーの出し入れで調整します。

鍵盤深さはアガキ定規で0.04mmの精度で深さ10mmになるようにペーパーで調整します。

  「調律絵」の画像検索結果 

ダンパー(止音機構)の掛かり調整。    ピアノのお医者さん     出荷前調律です。

       

   トムソン椅子ですが、支え鉄板割れで台座が傾きます・・ちょっと修理無理ですね。

 

    

上前板を磨き取付けました。     YAMAHAロゴが綺麗です。    

 鍵盤も綺麗ですね。

          天板も新品みたいに輝いています。 

                  

          ようやく出来上がりです。心を込めて作業させていただきました。

              いついつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

BS-10末吉町K様クリーニング

ご実家に置いてあったKAWAI BS-10 1988製。最終調律H12年で18年間手付かずの状態でした。

外装のくすみ・虫食い等ありますがご安心ください。グローミュージックの技術で新品みたいに蘇ります。

作業をおたのしみください!!

KAWAI BS-10 高さ123cm、間口152cm、奥行59.5cm  調律はH12.8.28が最後です。

埃が隅に溜まってますね。      鍵盤蓋に何かのシミ。      白鍵も汚れてますね。

ペダル塗装剥がれで斑模様。      鍵盤押さえ外したら、赤い粉が・・・虫食いです。

 

           アクション外しました。              掃除機掛けます。

鍵盤を外し箱に保管。       バランス・フロントパンチングクロスが虫食いです。

 

フロントブッシングクロスも虫食い。    専用うまでピアノを一人で倒しました。

芯線が錆びていますね。       チューニングピンは意外と綺麗。  親板はカビが来てますね。

底板外しました。         ネズミガードの付いたペダル部。   すべて外します。

外したパーツです。          ポリッシャーでペダルを磨くと、違いが判りますね。

光ったペダルに錆止めクリアー塗布。    外装をポリッシャーで磨くと鏡みたいになりました。

   「作業絵」の画像検索結果

弦はサンドラバーを使って手で磨きます。   錆が取れて綺麗ですね。

チューニングピンを専用の機械で磨くとピッカピカです。         新品ビスで底板取り付け。

  「作業絵」の画像検索結果

ピアノを立てました。        天板もピッカピカです。

湯煎に掛けてクロスを剥がします。 このヤカン25年間使っています。超便利なグッズです。

      バランスホールクロスも剥がしました。           貼駒で圧着接着します。

カットして出来上がり。                        バランスクロスも同じく圧着接着しカットすれば出来上がり。

     バランスピンを機械で磨きました。          新品バランスパンチングクロス。

「作業絵」の画像検索結果

バランスピンにセット。      フロントピンも磨きました。

    

ハンマーをサンドペーパーで削り形を整えます。綺麗になりました。     アクション取り付け。

 

鍵盤深さは、専用アガキ定規を使い、色・厚さ(0.04mm~)の違うペーパーの出し入れで調整。

レットオフ調整。        マフラーフェルトが汚いので新品に貼り替えました。

 

ほとんどのウイペンフレンジがスティック(動きが悪い)気味なのでセンターピンを交換します。

 

出荷前調律。              パーツを磨きます。   鏡ですね!!!!!

           

これで出来上がりです。いつまでもいつまでも大切に弾いてくださいね!!

 

U30A簑原M様クリーニング

お家のリフォームのついでにピアノもクリーニングいたします。

調律も随分とご無沙汰ですね。外装・内装綺麗に仕上げますね!!

 

ヤマハU30Aは高さ131cmの大型タイプ。H16年が最後の調律。    コーナーに埃が積もってます。

天板は白っぽくカビになってます。    くすんだペダル。      パネルを外します。

アクションを外し、鍵盤も外して箱に保管します。         少々虫食い跡。

  バランス部は問題ありません。  これはゴキフン!!          錆。

チューニングピンです。             ピアノを倒します。

底板を外しました。         錆びたビス。        ペダルパーツを外します。  

   バラバラになりました。   機械でペダルを磨くと、別物のペダルみたいになりました。       

錆止めクリアー塗布。        棚受け柱を支え棒を入れ込み外しました。

サンドラバーと言う石の塊でゴシゴシと錆落とし。  芯線も巻き線も綺麗になりましたね。

   「作業絵」の画像検索結果

   機械でチューニングピンを磨きました。           バッチリだぜ!!

角の隅っこに埃が溜まってるので、ここは爪楊枝で埃とりの磨きで綺麗になりました。

  

 外装は、手で磨いたり・ポリッシャーで磨いたり。       鏡みたいになりました!!

ペダルカバーを被せパーツを組み立て、新品ビスで底板取り付け。   ピアノを立てました。

     フロントキーピンに錆落とし剤を塗布し、一本ずつ丁寧に磨きました。

    同じくバランスキーピンに錆落とし剤を塗布し、機械で仕上げました。

サンドペーパーでハンマーを削り形を整えます。                                      アクションを取り付けました。

  

 鍵盤高さはナラシ定規を使いペーパーの出し入れで調整。       レットオフ(接近)調整。

 

ダンパー始動調整はタッチの重さに関係。   出荷前調律。    上前板をポリッシャーで磨きます。

  

まるで鏡になりました。      YAMAHAのロゴも綺麗ですね。   作業終了です。

 

 

DIAPASON DR-50BF

商品になります。名器DIAPASON DR-50BF。

高さ131cm/間口154cm/奥行63cm
■黒塗り艶出し仕上げ
■ドイツ・レンナー社製ハンマー
■チッペンデール(四方転び猫脚)
■ペダルガードプレート

           売約済み

   高さ131cmの大型の高級高性能モデルDR-50BF。 チッペンデール(猫脚)が高級感有ります。

 DIAPASONのロゴとペダルは真鍮製なので艶が無くなりますね。    6本支柱の贅沢モデル。

 

   鍵盤蓋から順番にパネルを外しました。          白鍵に人工象牙を使用。        

           アクションを外します。       ドイツ・レンナー社製ハンマーを使用。

鍵盤は外して箱に保管。        ファインエボニー黒鍵(抗菌処理)。

チューニングピン艶なし。   弦は少し錆っぽいですね。      ピアノを倒します。

猫脚も外します。         底板外し完了。          底板ペダルパーツバラしました。

ペダルを磨きます。         ピッカピカになったペダルに錆止めクリアーを塗布。

   ペダル窓クロスも新品に交換しました。              ポリッシャーで外装磨き。

   「作業絵」の画像検索結果

サンドラバーで弦を磨きます。    綺麗になりましたね!!        毎度!!

   

バランスピンに液体を塗布し、機械で仕上げ磨きします。         綺麗になりましたね。

 

  液体を塗布したフロントピンは、一本ずつ手磨きします。       終了!!

   ハンマーはファイリング(整形)して形を整え、新品時のような輝きのある音を取り戻します。

 ファイリングが終わるとハンマーの左右の間隔不揃を揃え弦の当たりを均等にします。

 専用機械でチューニングピンを磨きました。             ビスを新品に変え底板取り付け。

 

ピアノを立てます。          日本全国寒い一日です。    タッチに関わる整調作業開始。

  ロストモーション。       鍵盤高さ調整。    パンチングペーペーの出し入れで調整。

鍵盤深さ定規で10mmにペーパーの出し入れで調整します。     マフラーフェルト交換します。

マフラーフェルト取り付け。     出荷前調律します。     鏡みたいになった上前板。 

     パーツをポリッシャーで磨き、組み上げました。     新品みたいな輝きですね!!

                    出来上がり!!

 

 

 

 

三股O様ディアパソンNO125

ご実家にあったDIAPASON。子供さんの為に鹿児島から持ってきてクリーニングします。

結構古いタイプですが、フレームにohhshi,designの刻印の有る貴重なピアノです。

虫食い等ありますが綺麗にしてお返ししますね!!

   DIAPSON        NO.125         上屋ねです。

腕木と鍵盤蓋。          DIAPASONのロゴとペダルは艶無く変色。

  パネルをばらして鍵盤を外しました。             バランス部の虫食い。

フロントも少し虫食い。      Fパンチングクロス虫食い。  Bパンチングクロス虫食い。

ゴキフンの跡ですね。         チューニングピン。       弦の錆。

   フロントクロスとバランスクロスを湯煎に掛け剥がしたクロスがこれ。白く見えるのは食われた跡。

貼駒でクロスを圧着接着。     クロスをカットして出来上がり。    バランスも貼駒で圧着接着。

  

鍵盤終了です。                                          お掃除開始~。       ピアノを倒しました。

  

底板を外しました。        和央~って言う位虫食い酷いです。   パーツを外しました。

スプリング受けクロスがボロボロ。   ペダル軸受けクロスも・・・・軸受けクロスも・・・(~~);

ドリルでクロスを剥がします。   新品クロスをセットします。    こ~んな感じですね。

  「作業者絵」の画像検索結果

これも剥がして、新品クロス貼りました。

 

ペダル磨きです。        見違えるように綺麗になりました。   錆止めクリアー塗布。

ペダル窓クロスの虫食い。          新品クロスに貼り替えますね!!

 「作業者絵」の画像検索結果 

               外装はポリッシャーで磨きます。 部分的には綺麗になるのですが・・。

弦をサンドラバーでゴシゴシと磨きます。巻き線も芯線も表面の錆は綺麗に取れました。

専用のチューニングピンクリーナーで磨きました。         底板にペダル取り付けました。

   新品ビスで底板を取り付けピアノを立てました。          パーツを磨きます。

 

日焼けで中が白濁、光りません。    フロント・バランス・バックレールクロス交換しました。

「作業者 絵」の画像検索結果      「作業者 絵」の画像検索結果

             鍵盤取り付けました。

    弦溝の付いたハンマーはファイリングペーパーを使い削って形を整えます。

  ネジ締めチェック。        アクションを取り付け整調作業に入ります。

キャプスタンワイヤー調整。     鍵盤高さは専用定規にて厚さの違うペーパーを出し入れして調整。

高さが綺麗に揃いました。    鍵盤深さも専用定規を使いペーパーの出し入れで調整します。

   

出荷前調律です。               DIAPASONも光りました。

         

塗装の日焼けはどうしようもありませんがなかなか綺麗になりました。大切のお使いくださいね!!

 

上長飯町I様U3Mクリーニング

ご実家にあったYAMAHA U3Mをクリーニングを施しご自宅に持って行きます。

虫食い等色々ありますが、綺麗にしてお届けいたしますので暫く作業をお楽しみください!!

YAMAHA 高さ131cmの大型タイプ U3Mです。        天板蝶番。

腕木・鍵盤蓋が白っぽいです。     真鍮製のキープレート・ペダルは艶無く変色してます。

 

パネルを外しました。      虫食いによる赤と緑のフェルト粉カス。  マフラーも虫食い。

   

鍵盤を外し箱に保管。     虫食いでクロスが無くなってる所も。   虫の脱皮殻・・・!

 

ハンマーは比較的綺麗ですね。    フレンジコード切れ。       チューニングピン。

 

弦に錆が出てます。          鍵盤のバランスクロス全滅。     フロントもダメですね。

 「作業絵」の画像検索結果  

               先ずは掃除機を掛け綺麗にします。 そしてバックレールクロス剥がし。

   

棚板が綺麗になりました。      ピアノを倒しました。       底板を外しました。  

   

底板のペダルパーツを外しました。    ペダルを磨きます。     全く光り方が違いますね。    

 

3本磨いたら錆止めクリアー塗布。       白鍵木口の変色は交換するしかありません。剥がします。

  

剥がしにくいタイプです(~~);  ペダル窓クロスを剥がして新品クロスに貼り替えました。

  

外装をポリッシャーで磨きます。  まるで鏡みたいになりました。    サンドラバーで弦磨き。

綺麗になりましたね。        チューニングピンを専用工具で磨くとこの通り!!

「作業絵」の画像検索結果

新品ビスで底板取り付け後、ピアノを立てました。

 

 ブッシングクロスはフロント・バランスとも湯煎に掛けすべてはがしまします。

      

  バランスブッシングクロス貼り込み、カットして出来上がり。

                                                   

          フロントブッシングクロス貼り込み、カットして出来上がり(^^)V

青い保護シールの付いた白鍵木口を貼り付けます。     サイドカットして保護シールを剥がしました。

  

     ハンマーをフレンジから外しします。          シンナーを注入。

おっと~、ゴキ卵発見!!       フレンジコードを剥がします。   綺麗に剥がせました。

「作業者絵」の画像検索結果

フレンジコードを片側ずつ貼り付け、折り返し反対を貼り付けて終了。

こんな所まで虫にやられています。ジャックの返しを受け止めるバットフェルト。

   バットフェルトの寸法にフェルトをカットし、バットに貼り付けます。

ウイッペンヒールクロスも虫食いの為ウイッペンを全部外し、湯煎に掛けクロスを剥がします。

全て剥がした後新品ヒールクロスを貼り付けます。接着剤は両端に付けます。

  ハンマーを万力に挟みファイリング(削って整形)します。     弦溝も無くなり綺麗になりました。

ハンマーをアクションに取り付けました。  フロントキーピン磨きは液体塗布から磨き上げます。

    

お~光ってる!!             バランスピンは機械を使って磨きます。

新品フロント・バランス・キーバックレールクロス装着。      調整しながら鍵盤を取り付け。

アクション・鍵盤取り付きました。     タッチ調整・・・細かい調整をします。

    「作業絵」の画像検索結果

鍵盤高さは0.04mmからのペーパーの出し入れで調整します。

   「作業絵」の画像検索結果

マフラーフェルトに虫の殻が、新品に貼り替えました。

 

出荷前調律。         鍵盤蓋をポリッシャーで磨きました。蛍光灯がお月さんみたいです。

YAMAHAロゴも光り、全体的にすごくきれいになりました。大切に弾いてくださいね!!

 

ピアノハンマー持ち帰り交換

中学校のグランドピアノのハンマー交換です。アクションは工房に持ち帰り、学校で調整作業です。

  

アクションを持ち帰りました。   高音側のハンマー打弦点がが異常にえぐれています???

 

基本間隔をオリジナルに合わせるため一本置きにハンマーシャンクを抜きヘッドを外します。

外したハンマーヘッド。     新品ハンマーのサイドカットです。   ハンマー植え込み。

一個おきに植え込み、残りを同じように外し新品植え込み。       ハンマーテール削り。

  工房作業終了。

ここから学校での作業になります。

 

鍵盤高さ調整、アクションを立てバランス部へペーパーの出し入れ。  鍵盤深さ調整。

ペーパーの出し入れで調整。   レットオフ・ドロップ調整。    最後に整音して音を仕上げました。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ